子宝神社『鬼子母神』に感謝。~あの時があるから今がある~香川県の子宝神社も紹介。

鬼子母神堂 妊娠・出産・子育て

子宝神社に行って授かった』という話を聞いたことはありませんか?

当時の私はその手の話を聞いてもピンとこないまま、周囲のおめでたいニュースを嬉しく聞いておりました。

それから随分後になってその話を思い出し、東京の子宝神社『鬼子母神堂(きしぼじん/きしもじん)』に参拝することに…。

きっかけは、初めての妊娠からの流産でした

このたび色々と思うところがありまして、東京から簡単にアクセスできる『鬼子母神堂(きしぼじん/きしもじん)』を紹介させていただきます。

現在は香川県に移住したのですが、ここ香川県にも『鬼子母神さま』と呼ばれる香川県の子宝神社・子授け神社がありましたので合わせて紹介いたします。

子宝神社を調べている方は「どうにか我が子を授かりたい」という思いを持っておられると思います。

そんなお気持ちに、少しでも役立てていただければ幸いです。

 

池袋から行ける子宝神社『鬼子母神堂(きしぼじん/きしもじん)』

鬼子母神堂赤い鳥居

『鬼子母神堂』は、東京の池袋駅から徒歩で行ける場所にあります。

最寄り駅は、東京メトロ副都心線の雑司が谷駅。

雑司が谷駅からすぐの西参道を通って向かえば「さすが、都内のパワースポット」という感じです。

この周辺で住んでいる方がうらやましく、賃貸物件を探したほど。

(こういうのをパワースポットと言うのかも?)

赤い鳥居が並び、東京の中でも目を惹かれる神社だと思います。

初めて『鬼子母神(きしぼじん/きしもじん)』をいう字を見る方は「子宝神社なの?」と疑問を抱くかもしれませんね。

ぱっと見が『鬼』と『子』なので、少し怖いイメージを抱いてしまいます。

鬼子母神は安産や育児の神様で法華経護持の神ともされています。

昔々、鬼子母神は(カリテイモ)と呼ばれており、たくさんの子を産みました。
しかし我が子を育てるためによその子をとって食べ、皆から恐れられていました。
お釈迦様はカリテイモを過ちから救うため、カリテイモの末の子を隠したのです。
子を失い嘆き悲しむカリテイモは、お釈迦様から戒められます。
『千人の子のうち、たった一人の子を失うことさえこんなにも苦しいこと。我が子を食われた父母の嘆きはどれほどのものだったか。』
カリテイモは自分が犯した過ちを心から悔い、安産・子育の神になることをお釈迦様に誓って、人々から尊崇されるようになりました。

鬼子母神がどんな神様なのか、わかってきましたね。

一般的には【安産・子安の神様】として知られているので、『子宝神社』『子授け神社』というイメージがないかもしれまん。

どちらかと言うと、安産祈願として”戌の日に行くイメージではないでしょうか?

ですが、池袋にある鬼子母神堂は『子宝祈願』に多くの参拝客の方が足を運んでいます。

東京から地方の子宝神社へ出かけるのは大変ですが、池袋にある鬼子母神堂ならアクセスも良く、足を運びやすい都内のおすすめパワースポットです。

 

鬼子母神堂(きしぼじん/きしもじん)へのアクセス

鬼子母神堂西参道

●池袋駅東口からのアクセス 徒歩10分

池袋から徒歩で行くコースです。

ゆっくりのんびり歩いても15分ほどなので、池袋の街をお散歩しつつ向かうのもおすすめです。

池袋は大きな街なので混雑して歩きにくい日がありますが、電車の乗り換えをしなくていいのでおすすめコースです。

 

●東京メトロ副都心線【雑司が谷駅】からのアクセス 徒歩5分

【一番おすすめのアクセス】は、雑司が谷駅からすぐの鬼子母神西参拝道から向かうコースです。

徒歩5分なので、とっても近い。

穏やかで、神聖な雰囲気が感じられる参道となっています。

東京の池袋にも、こんな素敵なところがあるのですね。

興味があったら、気分転換にもぜひ訪れてみてください。

 

JR【目白駅】からのアクセス 徒歩10分

私は目白駅から向かったことはないのですが、目白通りを東に徒歩10分~15分で行ける距離のようです。

目白駅は利便性も良く、鬼子母神堂までアクセスもばっちりですね。

 

鬼子母神堂の駄菓子屋さん

境内に、江戸時代から続いているという駄菓子屋「上川口屋」があります。

大人の方も楽しそうにお店をのぞいていました。

懐かしいし、ちょっとわくわくしますよね。

最近はめっきり少なくなった駄菓子屋さんですが、境内にあるところが一層味わい深い…!

駄菓子屋のおばさんの笑顔もとても素敵で。

お店のレトロな感じと、鬼子母神堂の雰囲気から、遠いところに来たような気分になれました。

 

『子授け祈願』ざくろ絵馬

子授け祈願ざくろ絵馬

鬼子母神堂では、『子授け祈願』のざくろ絵馬を購入することができます。

お値段は1,000円です。

たくさん実をつけるざくろのパワーで『子宝に恵まれますように…』と、祈願できます。

妊活が成功するよう、自宅の寝室などに置いておくのもおすすめだそうです。

ぜひお土産に持ち帰りたいですね。

 

池袋『鬼子母神堂』への参拝、きっかけは流産

子宝祈願の子宝たい焼き

鬼子母神は子安・安産の神様で、子授け祈願子宝祈願の神社です。

当時、初めての妊娠8週目で流産した私は、以前から知っていた鬼子母神堂へ水子供養のために参拝しました。

実はまだ結婚していなかったので、あわてて用意してくれた婚約指輪の写真です。

水子供養に鬼子母神堂がふさわしいかわかりません。

ですが、鬼子母神堂で手を合わせて、お空に帰って行った赤ちゃんと心を通わせることができた気がします。

『早く帰ってきてね。絶対にむかえにいくからね。』と。

悲しみが癒えたわけではありませんでしたが、行って良かったと心から思いました。

 

たいやき屋『ひなの郷』

鬼子母神堂からすぐのところにある、たいやき屋『ひなの郷にも立ち寄りました。

ここも以前から、鬼子母神堂へ行くなら立ち寄ってみたいと思っていたお店です。

三遊亭好楽さんの娘さんがやっていて、”変わり種”のたい焼きが美味しいと聞いていました。

鬼子母神堂のおひざ元で、子宝にちなんだ『子宝たい焼きというのがあります。

白玉を豆乳クリームに包んで作られているそうで、参拝客にとっても人気なんだとか。(そりゃそうですよね!)

鬼子母神堂で参拝したら、温かい『子宝たい焼き』を食べて気持ちもアップさせましょう。

 

すずめやのどら焼き

池袋東口から徒歩7分のところにある、すずめやのどら焼きです。

すずめやさんのどら焼きは、本当に絶品です。

和風の民家のような外観なので、気を付けていなければ見逃してしまうかもしれません。

池袋駅から鬼子母神堂に徒歩で行かれる方は、通り道にもなりますので、ぜひ立ち寄ってみてください。

 

池袋・鬼子母神堂(きしぼじん/きしもじん)へ2回目の参拝

鬼子母神堂へ2回目の参拝へ行ったのは、流産した赤ちゃんの49日でした。

毎朝ランニングをする習慣のあった私。

走っている途中でふと『今日鬼子母神堂へ行きたいな』と思い立ちました。

それでよくよく考えてみたら、赤ちゃんの49日だったので、迷わず鬼子母神堂へむかったのです。

 

『帰ってきてくれる』と確信

これは不思議としか言えないのですが…。

鬼子母神堂で手を合わせたとき、『帰ってきてくれる』と確信しました。

毎日目が覚めてから眠るまで、夢の中でも、ずっとずっとお空に帰った赤ちゃんのことを考えていたからかもしれません。

私のところにいてくれたのは、たった数日間です。

ですが、赤ちゃんの元気な力強い心臓が動くのを見て、しっかりこの耳で聞きました。

あの心臓が動かなくなったエコーを見せられた時のことを思い出すと、今でも涙が出てきます。

ですがあの時、”私と赤ちゃんはちゃんと繋がっていたんだ”と、思うのです。

流産してから2か月とちょっと。

この2回目に参拝に行った周期で赤ちゃんが本当に帰ってきてくれました

これについては(周期・基礎体温・排卵日予定検査薬ドゥーテスト)の詳細を【妊活】の記事に記述したいと思います。

 

香川県の『鬼子母神さま』を紹介

香川県子授神社

私たち家族は出産を機に、鬼子母神堂のある東京から瀬戸井橋を渡って香川県に移住してきました。

ここ香川県にも『鬼子母神さま』と呼ばれ親しまれている子宝神社がありますので、紹介したいと思います。

 

金倉寺(四国霊場 第76番札所)

香川県善通寺市にある金倉寺では、子授祈願や安産祈願を受けることができます。

おかるてんさん』という愛称で親しまれていますが、実は『鬼子母神さま』とも呼ばれています

金倉寺の授与品の中にも、東京の『鬼子母神堂』と同じざくろ絵馬があるんですよね。

電話予約:0877-62-0845

●縁日子授祈願

毎月16日
祈願料:5,000円
時間:午後2時~約40分
電話予約:0877-62-0845

●子授特別祈願

祈願日より1年間、毎朝祈願してくれます。
祈願料:10,000円
時間:希望時間
電話予約:0877-62-0845

 

子宝神社『鬼子母神』に感謝

鬼子母神堂に初めて参拝に行った日から2年以上がたちました。

我が子は無事に生まれ、現在1歳8カ月、元気にすくすく育っています。

流産直後に鬼子母神堂へ参拝に行ったとき、『早く帰ってきてね。絶対むかえに行くからね。』と強く願った気持ちを今でもしっかり思い出すことができます。

あの時の全てことが、今に繋がってる

ひとつでも違っていたら、今ここにいる愛おしい我が子に会えなかったかもしれない…。

そう考えると、『私も自分の奇跡を手に入れたのだ』と痛感いたします。

今は香川県に移住したため、池袋の鬼子母神堂へは行くことができません。

ですがいつか、この子を連れて感謝の気持ちを伝えに行きたいと思う今日この頃です。

妊活をがんばっておられる方、苦しんでおられる方。

東京の『鬼子母神堂』へは行けない香川県民の方は『金倉寺』がおすすめです。

エネルギーをチャージできるおすすめのパワースポットでもある『子宝神社』鬼子母神を、ぜひ訪れてみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました