専門実践教育訓練給付金で香川県の看護学校進学!35歳夫が選んだ新たな道!

専門実践教育訓練給付金 看護学校 お役立ち情報

香川県の看護専門学校に、35歳夫が無事に合格通知をいただきました。

専門実践教育訓練給付金があることを知らなければ、私たちの選択は変わっていたはずです。

専門実践教育訓練給付金』と、ネットで検索してみると、それこそ山のような情報が出てきますよね。

でもみなさん、それを読んで理解できますか?

「フリーターみたいな働き方してたけど、私でも受けられるの?」

「転職ばっか繰り返してきたけど、条件は満たせるかな?」

「で、結局いくらもらえるんだ?」

などなど。

知りたいこと、わからないことばかりですよね。

ネットで”専門実践教育訓練給付金 看護師“と検索しても難しい説明が多く、理解しようにも疲労困憊…。

そこで、あえて素人目線で『専門実践教育訓練給付金とは?』についてまとめました。

何度もハローワークへ通い、自分たちで確認した情報をお伝えしたいと思います。

専門実践教育訓練給付金を受給しながら《資格が取れる・学べる》チャンスが、あなたにもあるかもしれません!

これから専門実践教育訓練給付金を受給して看護学校へ進学したい方は、ぜひ参考にしてください。

 

専門実践教育訓練給付金の制度とは

まずは『専門教育訓練給付金』について、大枠を把握していきましょう。

できるだけ、《簡単・わかりやすく・かみ砕いて》説明したいと思います。

専門教育訓練給付金』とは、→『教育訓練給付金制度』の中のひとつです。

厚生労働省のもと、雇用保険に一定期間加入している人(社会人)が『専門的な分野を学び、働きたい!』という場合に受けられるありがたい給付金なのです。

日本は国の未来のためにも、働ける人・働きたい人をたくさん育てたい!

という、応援制度だと受け止めればいいと思います。

“専門”という名称なだけに、やはり専門的な分野が対象になります。

例えば

看護士
保育士
栄養士
介護福祉士
医療事務
理容師・美容師
調理師
プログラマー
整体師

などなど、こういった専門分野のジャンルです。

(これ以外にもたくさんのジャンルがあります)

 

雇用保険に一定期間加入している社会人が対象

専門実践教育訓練給付金を受けるためには、一定期間雇用保険に加入していなければいけません。

働いている方のほとんどが、雇用保険には加入しています!

初めてこの制度を使う方は雇用保険に「2年間」加入していればOKです。

「2年間」という期間を考慮すると、だいたいの社会人の方は対象になるはずです。

また、2年という期間はひとつの会社で働いた期間ではなく今まで働いた分の合算です。

●例えば

アルバイト(6カ月)+会社員(1年間)+派遣(6カ月)

合計2年で計算されるため、こういう働き方でも大丈夫です。

※ただし、どの勤め先でも雇用保険に加入していなければいけません。

●NGな例

アルバイト(1年6カ月)→1年以上無職→会社員(1年)

上記は働いている期間は2年6か月分ありますが、1年以上無職の間に受給できる資格を失っています。

いったんリセットされているわけです。

アルバイト(1年6カ月)→1年以内無職→会社員(1年)

※働いていない期間(雇用保険に加入できていない期間)が1年以内であればリセットされません。

※1年以内とは離職日の翌日から数えます。

この場合は、合算2年6カ月となり受給資格があります。

●こちらもNGな例

会社員(2年以上)→1年以上無職→進学

この場合は、過去に何年雇用保険に加入していようと受給資格はありません。

●こちらはOKな例

アルバイト(2年以上)→1年以内無職→進学

アルバイト先で雇用保険に加入していることが前提ではありますが。

雇用保険の資格喪失して、1年以内であれば受給資格はあるので安心してください。

それではここで、雇用保険について簡単に説明しますね。

週に20時間以上・31日以上働くことが決まっている従業員に対して、雇い主は雇用保険に加入する必要があるのです。

この条件を満たしていれば当然、アルバイト派遣社員でも雇用保険には入っているはずです。

(たまに、雇用保険を払いたくなくてタイムカードを調整しているブラックな会社もあるので注意…!ここに関しては、のちほど詳しく説明します。)

雇用保険の加入状況は、ハローワークで簡単に確認できます

加入できているか心配な方は、お近くのハローワークに足を運んでみてください。

 

専門実践教育訓練給付金は指定校だけ

専門実践教育訓練給付金が受けられるのは、国から指定された学校だけです。

(というか…。学校側が申請して、国が認めた専門学校が多いです。)

専門学校だからといって、全ての学校で受けられるわけではありません

厚生労働省HPより抜粋

  • 専門実践教育訓練の指定講座について

専門実践教育訓練給付金の対象となる講座が決定しました(令和2年7月31日)。

みなさんこれを見て、『自分が行きい学校は対象になっていない…』と、がっがりしていませんか?

正直、厚生労働省が発表しているこの指定校はあてになりません

ほんの一部・ひと握りしか載っていないのです

それはなぜか…!?

専門実践教育訓練給付金の指定校は全国に載せきれないほど沢山ある!
(厚生労働省:ここに載せきれるわけないだろ!どんだけ膨大な数があると思てるんや!行きたいなら自分で調べんかい!)

ということです。(多分…)

そうじゃなければ、全国の専門実践教育訓練給付金の対象になっている学校を全て載せてほしいです。

実際に夫が合格した看護学校も(ここには載っていませんが…!)専門実践教育訓練給付金が受けられる、県でも限られた人気の看護学校でした。

なので気になっている学校があるなら、必ずHPで検索してみましょう。

『専門実践教育訓練給付金が受けられます』と、学校のHPには書いてあったりします。

HPやサイトを作りこんでいる学校なら、詳しい内容も載せてくれています。

しかし、看護学校はHPがめちゃくちゃ古かったり、ただのサイトレベルのものも全然あるので…。

HPに記載されていなくても勇気を出して、電話で問い合わせてみてください!

『もしもし、専門実践教育訓練給付金の指定校かどうかお聞きしたいのですが、よろしいですか?』

こんな風に聞いてみましょう。

これはハローワークの職員の方から言われたアドバイスでした。

専門実践教育訓練給付金制度がある学校なら、即座に答えてくれます。(わかるものに変わりますね、とか。)

逆に、『なにそれ?』っていう反応なら、その学校は指定学校でない可能性が高いです。

私が問い合わせた看護学校も、「専門実践教育訓練給付金」自体を知らない職員さんが多かったです。

(電話に出るのは一般事務の人なので仕方ないのかなぁ…。ハローワークでさえ、わかってる人とわかってない人がいるくらいだし…、と。)

 

給付金には学費・生活費の2種類ある

専門実践教育訓練給付金には【学費の給付金】と【生活を支える給付金】の2種類があります。

社会人が学校へ通おうと思ったら学費の負担もそうですが…。

何より『その期間の生活費をどうすんのよ?』って話ですもんね。

とくに看護学校を無事に卒業するとなると、生活費のためにバイトばかりしている余裕はないはずです。

専門実践教育訓練給付金制度の良いところは、そいうった生活面での給付金を受け取れるということ。

学費も生活費も支給されるなら、安心して学業に集中できるわね!

●専門実践教育訓練給付金・・・学費(訓練費用の50%/年間最大40万円)
●教育訓練支援給付金・・・生活費(基本手当から算出)
※基本手当についてはあとで詳しく説明します。

(2019年4月1日より)専門実践教育訓練給付金の改正により(改正前より条件が良くなった!)、4年生の学校でも年間最大40万円という制度が適用されます。

夫が通うことになる3年生の看護学校の学費は…。

前期44,5000円・後期44,5000円=年間89万円かかります。

専門実践教育訓練給付金(学費)は、訓練費用(学費・入学金など)の50%で、1年間最大40万円受給できます。

専門実践教育訓練給付金が受けられる場合・受けられない場合の3年間の学費の差をご覧ください。

受けられな場合→3年間で267万円
受けられる場合→3年間で147万円

年間40万円×3年で、トータル120万円の給付が受けられることになりました。

年間50万円弱で・社会人の35歳男が・正看護師資格が取れる学校》に通えるというのは、本当にありがたい制度なのです。

●例えば、入学金10万円・年間学費50万円・2年制の学校なら、

1年目の給付金は、(60万円の50%)30万円
2年目の給付金は、(入学金が含まれないので学費の50%)25万円

こんな計算になります。

学費の給付金のことはわかってきたわ!

それに加えて。

教育訓練支援給付金(生活費)が別途受け取れます。

この生活費にあたる給付金は、【基本手当日額】の80%で算出します。

【基本手当日額】は、失業保険をもらうときにハローワークで算出される額となります。

この教育訓練給付金は、失業者が受け取れる給付金なのです。

え?仕事してたら受けられないってこと…?

それについては、のちほど説明しますね!

多くの方は、「基本手当日額って何?」と疑問に思うはずです。

失業給付をすでにもらっていたり、詳しい方でなければ、ピンとこなくて当然です。

なので、だいたい毎月支給される額をここに記します。

月20万の収入があった社会人:12万円
月30万の収入があった社会人:14万4000円
月40万の収入があった社会人:16万円
月50万の収入があった社会人:18万2000円

月収が少ない人の方が給付率が高く、逆に月収が多かった方は給付金は少なくなる制度です。

ちなみに我が家は『月20万の収入があった社会人:12万円』です。

毎月12万円、めっちゃ助かります…!

(夫よ、専門実践教育訓練給付金が受けられる看護学校に合格してくれて、本当にありがとう!)

みなさんも「自分はいったい、いくらもらえるのか?」について、なんとなく上記の額を参考にしていただければと思います。

 

卒業後にもらえるお金もある

専門実践教育訓練給付金は、教育訓練費(学費)の50~70%が支給されると明記されています。

無事に資格習得し、仕事に就いた人にはさらにお祝い金を支給するよ》っていうのが、この50~70%という差の部分です。

「資格が取れませんでした。」

「資格を取って卒業したけど、仕事はしてません。」

こういう人がもらえない部分のお金です。

逆に《資格を取って卒業後に働けば》誰でももらえるお金です。

専門実践教育訓練給付金の上限はこちら。

在学中の上限支給額 資格取得時の上限額 お祝い金
1年過程 40万円 56万円 16万円
2年過程 80万円 112万円 32万円
3年過程 120万円 168万円 48万円
4年過程
(2019年4月1日より)
160万円 224万円 64万円

資格取得時の上限額】-【在学中の上限支給額=【お祝い金

(※実際はお祝い金という名前じゃないんですけどね…。認識するためのイメージです!)

3年過程の看護学校を卒業してどこかの病院で働き始めたら、さらに(168万円-120万円)=48万円のお祝い金がもらえるという計算です。

がんばって取った資格を活かした仕事に就きたい私たちにとって、さらに手当が支給されるなんて本当に嬉しい制度ね!

夫が無事に看護学校を卒業して働き始めたら、このお祝い金が本当に嬉しいんだろうなぁ。

 

専門実践教育訓練給付金が受けられる条件

それでは、専門実践教育訓練給付金を受給できる条件を整理しましょう。

・「2年以上」雇用保険に加入していること(2回目の方は3年以上)
・対象の指定校を選ぶこと
・失業中であること
受講開始時に45歳未満であること

この条件を見てどう感じますか?

そんなに難しい条件ではありません。

(年齢制限だけはどうしようもありませんが…!)

それをおいておくと、誰だって受給資格を得られる制度なのです。

そして、専門実践教育訓練給付金制度を受けるためにはハローワークへの事前申告が必須です。

ハローワークに事前申告したのち、

・「キャリアコンサルティング」を受ける(要予約性)
・「ジョブカード」を発行してもらう

この流れの手続きが必要です。

(原則、受講開始時の1カ月前までに行う必要があります。)

学校が始まる4月に合わせ、3月のキャリアコンサルトさんはめちゃくちゃ繁忙期です。

なので、ぎりぎりになると混みすぎるせいでキャリアコンサルティング」を受けられない可能性があります。

これらの手続きは『在職中でもできる』ので、受講開始日までに条件をそろえるために時間を見つけて早めに行動しましょう。

その時点で、専門実践教育訓練給付金が受けられる条件である『雇用保険に2年加入している』を満たしていなくても手続きを進めてOKです。

合格通知をもらったら、即ハローワークへGOです!

 

Q1.在職中でも受けられる?

専門実践教育訓練給付金(ようは学費部分の給付金)だけを受給する場合は、在職中でも受けられます

ただし、教育訓練給付金(生活費の給付金)は、離職していないと受けられません

学費も生活費もセットで受給したい場合は入学前に必ず離職しておく必要があります。

失業状態じゃないと教育訓練給付金は受けられないのね!

離職後

ハローワークで離職の手続き
+
専門実践教育訓練給付金の手続き(在職中でもいいので、学校開始日までに必ずすませましょう)

待機期間(7日間は絶対働かない)

失業給付受給日待ち(※1自己都合退職だと2カ月間)

失業手当受給開始(90日~330日)

失業保険受給終了

教育訓練給付金(生活費)開始

(※1.コロナの影響で3カ月から2カ月に短縮。改正前より1か月早く支給される。)

という一連の流れになります。

受講開始日(学校初日)にうっかり在職していたら、教育訓練給付金(生活費)は受けられません…!

学校が始まって離職しても同じです。

もし4月1日が入学式で始業開始日だったら、3/31までには必ず離職しておきましょう。

受講開始日というのはあくまでも学校側の都であり、私たちの認識とは異なる可能性があります。

通信制だと初回の授業日ではなく、教材が送られてきた日だとか…。

そのあたりは、事前に学校の都合を確認しておいてくださいね。

また、専門実践教育訓練給付金を受給するための手続きは、原則として学校が始まる1カ月前までに完了しておく必要があります

※この原則に関しては、あくまでの原則です。

事情があって1カ月を切るが場合もあるかと思いますが、受講開始日までにすませておけば大丈夫なはずです。

(我が家も事情があり、日程がぎりぎりになりそうだったのでハローワークで確認しました。)

ただし、キャリアコンサルティングの面談を経て→ジョブカードを作成するは、本当に早めにやっておいたほうがいいです…!

キャリアコンサルティングと面談(3月はめっちゃ混む!)

ジョブカード発行(在職中でもできる)

専門実践教育訓練給付金を受給するための手続き(原則として受講開始日1カ月前まで)

この流れを頭に入れておいてください。

想定外のトラブルがあったら困るので、手続きは余裕を持って早く済ませましょう!

とは言え、『受講開始日の1カ月をきったタイミングで、進学する学校が専門実践教育訓練給付金だと知った!』という場合もあるようですね。

この場合はパニックになると思いますが、一回気持ちを落ち着けましょう。

受講開始日前なら、何とか手続きできる可能性があります。

お近くのハローワークに足を運んで確認してください。

逆に言うと、《受講開始日》の後になってしまうと、どんな理由があれ手続きはできません。

(細かく言えば、例外はあるはずです)

こうなってくると、ハローワークに足を運んで確認するのが一番確かです。

 

Q2.働きながら受けられる?

失業状態でなければ、教育訓練給付金(生活費)が受けられないのはわかりましたね。

でも、ちょっと待って!

失業手当にしても教育訓練給付金にしても、これだけの収入では毎月生活できません。

(学費が年間最大40万円支給されたとしても、毎月そこそこ学費も実費でかかるわけですから…。)

実は、『働きながら失業給付教育訓練給付金も受けることは可能』なんです。

ではまず、失業給付受給中から条件を見ていきましょう。

・待機期間の7日間は絶対働かないこと
・受給中に働くのは週20時間以内であること
・受給中の雇用契約が31日以内であること

この3つです。

一日の働き方は『4時間未満』と『4時間以上』で扱いが変わる点にも注意しましょう。

4時間未満』の場合、給付金が減額対象になります。

4時間以上』の場合は、給付金自体の減額はなく繰越という形で受け取れます。

そして、週20時間以内であれば31日以上働いても雇用保険は発生しません。

(ただし、会社によって違う可能性があるので勤め先で確認してください。)

このように失業給付を受け取り終わったのちに、ようやく教育訓練給付金が受給されるのです。

教育訓練給付金受給中も『週20時間以内』であれば働いて大丈夫です。

なぜかというと『週20時間以内なら雇用保険に加入しなくていいから』です。

週20時間以内で働けば、給付金プラスアルファができるので少し安心ですね。

 

Q3.給付金が受け取れるのはいつ?

専門実践教育訓練給付金、6カ月に1回もらえます

年間に受給できる額が半分ずつに分けて支払われる感じです。

これは自分で6カ月に1回、必ず申請しなければいけません。

自動更新ではないため面倒ですが、手続きをすることを覚えておいてくださいね。

手続き後1週間ほどで、指定した口座にお金が振り込まれます。

ただ、後払いというイメージです。

●4月入学・年間最大の40万円がもらえる場合なら

1回目は9月に20万円
2回目は3月に20万円

というように分かれます。

4月から学校に通うとして、初回の申請は半年後の9月ごろ。

学校によって授業料の払い方は違うと思いますが、初回は大きなお金がかかるかもしれません。

夫の通う看護学校は、4月に前期分の学費(45万円)をおさめる必要があります。

それに加え、教科書代・ユニフォーム代・諸経費など(20万円)、合計65万円必要です。

専門実践教育訓練給付金が受け取れるのは6カ月後の9月なので、4月の我が家の財政は少々は厳しいですね。

 

夜間・通信制でも受けられる?

専門実践教育訓練給付金の指定校の中に、夜間・通信制の学校も含まれています。

専門実践教育訓練給付金(学費)を受けることはできます。

ただし、教育訓練給付金(生活費)を受け取ることはできません

夜間や通信制は働く時間が確保しやすい》という点から、生活費にあたる部分の給付金が対象外なのです。

・専門実践教育訓練給付金は受け取れる
・教育訓練給付金は対象外

ざっくり言うと…。

『学費の面倒は見るけど、生活費は何とかしてね』ってことでしょうね。

(残念ながら、香川県には対象校がありませんでした。)

 

専門実践教育訓練給付金で進学したい!どうすればいい?

ここまで読んでくださった社会人の方、もしくは学生の方、現在無職の方、主婦の方。

だんだんイメージが沸いてきたでしょうか?

難しいそうだと思ってあきらめていたかもしれませんが、誰もが受けられる可能性のあるありがたい制度なのです。

現時点ですぐに受給しながら進学するのは難しいかもしれませんが、準備を始めることはできます。

ここからは、専門実践教育訓練給付金を受けるためにするべきことを見ていきましょう。

 

雇用保険に通算2年以上加入する

現時点で雇用保険加入日数が足りないなら、雇われとして働きましょう。

そのさい『雇用保険に加入できる働き方』で『雇用保険に加入してくれる会社』を選ぶ必要があります。

(自営業・業務委託・フリーランス的な働き方は雇用保険に入れないのでNGです。)

同じ会社で週20時間以上31日以上の契約で働けば雇用保険に加入する条件を満たせます。

なので、条件を満たすアルバイトやパートでも問題ありません。

現時点で雇用保険の加入日数が例え0日だったとしても、『2年間がんばって働いて、専門実践教育訓練給付金の看護学校に行こう!』と目標を持つこともできます。

ごくまれな話ですが…。

小さな会社や個人事業主の店舗では、従業員の雇用保険を払わなくてすむようにタイムカードを調整しているような場合もあります。

(夜の仕事であるスナックとか、小さなラーメン屋さんとか、船乗りさんとか…?)

それを知らずに働いていて『え?雇用保険に加入できてなかったの?』となっては、元も子もありません。

給与明細を見ればわかるはずなので、目を通してみてください。

あとはハローワークでも簡単に確認できるので、心配な方は加入状況を調べてもらいましょう。

もしも最悪『条件を満たしているのに、会社が加入してくれてなかった』場合、ハローワークに相談に行ってみてください。

事業主に通達してもらうことで、雇用保険をさかのぼって払ってもらえるかもしれません。

ただそんな危険を冒すのは時間がもったいないので、きちんと雇用保険を払ってくれる勤め先を選ぶのが安心です!

 

指定校を探し、行きたい学校を見つける

専門実践教育訓練給付金が受けられるのは、国から指定された学校だけです。

厚生労働省HPより抜粋

  • 専門実践教育訓練の指定講座について

専門実践教育訓練給付金の対象となる講座が決定しました(令和2年7月31日)。

上記にも書いた内容ですが、この中に記載されていない指定学校が全国にまだまだたくさんあるのです。

「自分が住んでいるところから通える学校がない…」なんて諦めるのは、まだ早いですよ。

行きたい学校があれば、まずは指定校になっていないか、HPや電話で確認してみましょう

「これから手に職をつけて働きたい!」
「もっとキャリアアップしたい!!」
「なにかを始めてみたい!」

専門実践教育訓練給付金は45歳未満の社会人のための給付金です。

これから社会で働くために専門的なことを学び、手に職をつけたい方のための制度です。

今からでも遅くありません!

あなたのスキルアップのためにも、行きたい学校をぜひ見つけてください。

 

受験対策をする

専門実践教育訓練給付金の指定校は、支援が受けれるだけあって非常に人気です。

おのずと倍率も高くなり、看護学校であれば当然受験に勝つ対策が必須です。

看護学校の社会人合格率をご存じでしょうか?

「・・・。」

それはそれは厳しい戦いです。

現役高校生に比べ、社会人の枠は少ないためそもそも間口が小さいのです。

看護学校社会人の男子枠ともなれば、針でつついたような間口になるのが現実です。

だからこそ、勝つための対策をしましょう。

勝つための対策をした夫は見事、看護学校に合格しました。

正直なところ、筆記試験のための国語・数学・英語なんかを勉強するわけではありません。

勝てるかどうかは、看護の適正の有無なのだそうです。

(これだって対策でどうにでもなります…!)

勝つための対策は、また別記事で紹介させていただきます!

 

専門実践教育訓練給付金で看護学校へ進学のまとめ

専門実践教育訓練給付金で看護学校(専門学校)へ進学するについて、大枠がわかってきましたか?

この制度はとてもありがたく、雇用保険の力をしみじみ感じています。

(ほとんど義務同然で給与天引にて払ってきた保険なんですけどね…)

でも…。

専門実践教育訓練給付金制度は、個人が『働いて・稼いで・生き残る』ための素晴らしい制度だと思います。

たまたま制度を利用できたという方も、狙って制度を利用する方も、がんばってください!

『雇用保険バンザイ!』ということで、締めくくらせていただきます。

そして”看護学校・社会人・男”という、限られた情報については、これからどんどん発信していきたいと思います。

この記事が少しでも、専門実践教育訓練給付金で看護学校へ進学したい”と思う方のお役に立てれば幸いです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました